インターンシップ活動報告(2019)②西山

愛知学院大学ラグビー部 学生トレーナーの西山亜由実です。

 

去年の11月からトヨタ自動車ラグビー部ヴェルブリッツでアナリストとメディカルスタッフとしてインターンシップに参加させていただいています。

アナリストの仕事をメインに活動させていただいているので、今回はアナリストの活動内容を紹介させていただきます。

 

アナリストスタッフの仕事は練習や試合の映像を撮ります。カメラを練習メニューに合わせて数台用意し、ドローンを飛ばして撮影することもあります。次に撮影した映像をパソコンに入れて練習の内容ごとに映像を整理していきます。練習の場合はその整理した映像をUSBや共有できるアプリなどで監督やコーチ・選手に対してフィードバックしていきます。

試合に関しては映像を整理してからゲーム分析を行っていきます。分析で集めたデータを見やすく表などにして整理していきます。その表などをミーティングで見せてフィードバックしていきます。

私は分析に関してまだ始めたばかりで関わることは難しいため、主に練習のビデオ撮影や練習前のカメラの準備や片づけをさせていただいています。

 

練習に参加させていただく中で、大学とは違うトップレベルのチームの雰囲気や練習の切り替えの早さ・スタッフの連携を見ることで学ぶべきことが多いです。

こうして練習に参加させていただき学べることは私にとって貴重な経験です。その中で失敗をしてしまうこともありますが、それもまた反省をすることで成長に繋がっていると感じています。

経験させていただく中で学んだことを大学に持ち帰り、反映してチームに貢献できるように今後も努力していきます。

 

最後に、貴重な経験の機会を設けていただいた、トヨタ自動車ラグビー部ヴェルブリッツの関係者の方々と愛知学院大学関係者の方々に感謝申し上げます。

 

愛知学院大学ラグビー部 学生トレーナー 西山亜由実

internship-2 

 

スタッフ・選手募集
  • OB会
  • 闘球会

Facebookでも情報発信中!