ラグビー留学報告⑨ 中島健登

留学先:カンタベリークライストチャーチ大学(イギリス)(愛知学院大学姉妹校)

 

3年の中島健登です
いよいよイギリスでの滞在が残り1週間を切り、これが最後の報告になります。

今回の留学で得たことは英語やこちらで触れた文化、ラグビーと色々ありますが、自分は人との繋がりが一番だと思います。

理由としては日本にいては間違いなく知り合うことがなかったであろう、様々な国の人と知り合い仲良くなって、ラグビーチームのギル(添付写真)とは日本での再会を約束しました。また、ジャパンソサエティという日本が好きなひとたちが集まるサークルのエミリオとも仲良くなり、これはお金では絶対に買えないし日本にいては出来ないものだと思うためです。

 

190228中島-2s

チームメイト ギル

190228中島-1s

チームメイト クーパー

 

ラグビーの方では日本ではやりあえないであろう、自分よりはるかに大きくて強い外国人とのコンタクトで、全然通用しない部分がありましたが、通用した部分もあるのでそこは大きな収穫かなと思います。
逆に通用しなかったとこは、日本で少しでも意識して練習に取り組みチームへ貢献できるようにしていきたいです。

一つ心残りなのは、こちらで試合があったのですがなくなってしまい試合をすることができなかったことです。まだまだ、たくさん書きたいことはありますが長くなってしまうので割愛させていただきます。

 

190228中島-33

ヘッドコーチ アンティー

最後にもしも少しでも留学を考えている人がいれば、きっと来年もまたあると思うので、是非一度親御さんと考えてはどうでしょうか。なにかイギリス留学について知りたいことがあれば、僕の答えられる範囲であれば答えるので気軽に聞いたりしてください。
このような素晴らしい経験をさせてくれた愛知学院大学ラグビー部、選手、コーチの方々、両親にはとても感謝しています。また、留学先でお世話になったCanterbury Christ Church University Rugby Football Clubを始めとする、すべての方々にも感謝しています。
ありがとうございました!

 

3年 中島健登 face_nakajima

 

  • パフォーマンスアナリスト募集
  • 入部のご案内
  • OB会
  • 闘球会
  • オリジナルグッヅ販売

Facebookでも情報発信中!