ラグビー留学報告⑪ 松世聖矢

留学先:クイーンズランド工科大学(オーストラリア)
練習先:Brothers Rugby Club

 

2年の松世です。
オーストラリア留学もあと2日となりました。金曜日の朝の飛行機で日本に帰ります。英語の勉強、ラグビーの両方が本当に充実したものになりました。

 

まず、英語の勉強では中学、高校と1番の苦手教科だった英語と向き会おうと思って今回の留学を決めました。あと少しで授業も終わりますが、今思うと語学力もそうですが英語と向き合おうとする気持ちも高くなったと思います。これからも英語の勉強を続けていき、またいつか留学をしたいと思います。今度海外に行く時には、今よりももっと堂々と、はっきりとした英語で自分の気持ちを相手に伝えられるようになりたいです。

 

190306松世-3s

 

ラグビーでは、本当に貴重な経験をさせてもらいました。意識の高い仲間と練習、試合ができたことで、ラグビーがさらに楽しくなりました。チームメイトはとても親切にしてくれて、毎日辛い練習が多かったですが休まずに続けることができました。ユニット練習では日本とは違うスクラムの組み方を勉強しました。

全体練習メニューはADの間にフィットネスやスキル練習が入ることや、愛知学院大学でも行なっているメニューもありました。最後には試合に出してもらいました。この留学中の自分の成長とこれからの課題をしっかりと見つけることができました。

そして、チームメイトとコミニュケーションをとるためには英語を使わなければ何も伝わらないし、英語が分からなければコーチやチームメイトが行っていることが何も分からないという環境が自分にとってとても良かったです。自分は1回でコーチやチームメイトが行ったことを理解することはできません。そのため何回も聞き返しました。それに対してコーチやチームメイトは僕にどうにかして伝えようとしてくれました。また、自分の下手くそな英語にチームメイトは何回も聞き返してくれて理解しようとしてくれました。本当にありがたかったです。

 

190306松世-1s

190306松世-2s

 

たくさんのことを学ばせてくれたBrothers rugby clubの選手、スタッフの方々には感謝しています。ありがとうございました。この経験を活かしていきます。日本に帰ってチームメイトとラグビーをするのがとても楽しみです。

 

190306松世-4s

190306松世-5s

 

最後に、今回留学するにあたり協力してくれた愛知学院大学ラグビー部の先生方、チームメイト、QUT(Queensland University of Technology)のLee先生、Brothers rugby clubの選手、スタッフの方々そして両親にはとても感謝しています。めったに経験できない貴重な経験をさせてもらいました。
今後の人生で活かしていきます。
本当にありがとうございました。

 

2年 松世聖矢 face_matsuyo

  • パフォーマンスアナリスト募集
  • 入部のご案内
  • OB会
  • 闘球会
  • オリジナルグッヅ販売

Facebookでも情報発信中!