ラグビー留学報告⑫ 鈴木淳司

留学先:Auckland Academy & College Rifles Rugby Football Club (NZ)

 

malo!
(こんにちは)

3年の鈴木淳司です。毎度おなじみ冒頭のあいさつはホームスティ先のサモアの方に教えていただいたサモア語のあいさつです。ネタ切れはしません(笑)

 

190313鈴木_カレッジライフル1-s

ニュージーランドに滞在できるのも残り3日になりました。思い返せば辛かったこと楽しかったこと、様々な刺激的な経験をさせていただきました。実はあまりにも楽しいので留学の滞在日を伸ばそうとも考えていました(笑)しかし、今回は諸事情によりそれは叶いません。いや〜伸ばしたかった、出来ればあと一カ月ぐらい滞在したかったなぁ〜っと今でも未練が残っています(笑笑)

つまり!それほどニュージーランドが素晴らしい国なのです。旅行の成功はもう一度その場所に行きたいと思うこと。僕もそれと同じ気持ちになったので成功したということになりますね。僕の場合今度はその国に住みたい思いがあります(ニコニコ)

 

前回のブログでも取り上げましたが、今週から一緒にホームスティをしていたマルコとマヌゥーがアルゼンチンに帰国しました。いつも一緒に居たからいなくなると寂しいですね。

アルゼンチンの仲間もほとんどが帰国してしまいましたが、また日本人が増えました。
近畿大学、立命館、国士舘、ラグビーをやっている人なら必ず一度は耳にする大学からニュージーランドに留学に来ました。日本人の強い人が増えてとてもためになる練習をしています!

190313鈴木_オークランドアカデミー-s

オークランドアカデミー

僕らのウエイトのコーチにスコットという方がいるのですが、彼は元全米のヨットの大会のチャンピオンです。とにかく、とんでもない体をしています!僕は彼に敬意をもってアイアンマン(鉄人)と呼んでいます。彼の行う体幹トレーニングはとても辛く、僕は毎回潰れています、周りを見ても苦痛に悶え苦しむ人ばかりです。これが本当の地獄か!と思いました(笑)
しかし、効果はてき面!元々そんなに腹筋は強くありませんでしたが、このトレーニングをやってから強くなった感じがします!
日本に帰国しても継続してやりたいですね。

 

僕は来週で帰国してしまうので今週のウエイトトレーニングはMAX測定、グラウンドではyo-yoの測定を行いました。
ニュージーランドに来て最初に測定したときは
ベンチプレス 130 kg
スクワット 200kg
懸垂10kg
まあまあの結果でした。初めに測定したのはベンチプレス 、結果は、、、140kg
10kgも上がりました!これは嬉しい😃
実は僕は大学2年生のころ怪我をしてベンチプレス が60kgまで下がってしまったときがあるのです。約2年で元のMAXに戻ることができて本当に嬉しいです!
次に懸垂は25kg、よし!15kg上がった!
自重が重い僕にとって懸垂は苦手種目なのですがスコットやコーチが優しく、厳しく追い込んでくれたので更新できました!
最後にスクワット、実は元々僕の自己ベストは225kgで最初測定したとき200kgしか上がらなくて結構悔しい思いをしました。プロップにとって下半身の筋肉はとても重要なとこです。なんとか自己ベストは更新したい。
測定開始!初めに210kgは上がり、次に220kgも上がりました!自己ベスト更新まであと10kg!しかし、正直220kgを上げたときにかなり疲労が溜まってしまい更新は無理だと思いました。しかし、そんなときコーチが長めのレストを挟んでくれてだいたい4分くらいですね。
〜4分後〜
230kgにチャレンジする前にスコットから激励を貰いました。アイアンマンの激励は不思議な力が出てきますね!
測定の結果、、上がりました!!
自己ベスト更新です!思わず、ウエイト場で吠えてしまいました(恥)
スコットに上げたあとすぐに(NEW Record)と言われました。
どうやらオークランドアカデミーの記録を塗り替えたらしいです。本当にビックリしました!ウエイトトレーニングにフォーカスしている僕にとってはとても誇らしいことです!これからも此処で学んだトレーニングを活かして少しでもフィジカルを上げられるようにしたいです!

190313鈴木_ウエイト測定-s

ウエイト測定

 

フィールドではyo-yoの測定を行いました。
とても辛く何度もgive upしようと思いかけましたが、そんなときすぐにスコット「one more」と僕の背中を押してくれました。そのおかげでなんとかyo-yoも更新することができました。あざっす!
スコットに日本に来ないかなぁ〜と思ってしまいました。

 

オークランドアカデミーではここ最近、細かいスキルトレーニングや状況判断能力向上を目指したメニューを多く行なっています。
例えば、パススキルでは綺麗投げるよりも繋ぐ意識が大事で、取れないのはキャッチする人が悪いからハンドリングのポイントを重点的に学びました。コーチが教えてくれたスキルにまだ慣れていないのでノックオンを連発してしまいました。早く慣れていくために反復練習を重ねたいと思いました。

他にも、ラインアウトのとき無駄な力が多いからもっと効率よく上げる方法を学びました。上がるときは簡単に上がりますがタイミングがずれると上がりにくい、そんな印象でした。

190313鈴木_スコットコーチ-s

スコットコーチ

190313鈴木_カレッジライフル2-s

 

さらに、僕がゲーム中にほとんどしないジャッカルのポイントを教えて貰いました。日本だとゲーム中ジャッカルをするよりも越えた方がいいと言われてきたので、そうしてきましたが、ニュージーランドの考えに触れて少しだけ考え方が変わりました。チャレンジしたい!
オークランドアカデミーの練習後にコーチから僕のこれまでの結果や今後の改善点などをまとめたレポートを貰いました。かなり細かく書いてあってとてもためになります。まぁー英語で書いてあるのでところどころ読めてませんけど(笑)日本に帰国して翻訳させてもらいます。1か月間ありがとうござました。

 

カレッジライフルの練習も残り少なくなってきて、あの戦場にいられなくなるのは本当に寂しいです。良い修行場所でした。一瞬でも気を抜けば流れ弾(ボール)や砲弾(全速力の外国人選手)が僕の命を奪おうとしてきました。本当に名残惜しいですね、最後になるかもしれないので、僕は少しでも名残惜しさが残らないように様々なことを聞きました。スクラムの体の使い方のポイント、アタックの時のポイント、聞けば聞くほど日本人とニュージーランド人の意識しているポイントが違うんだなぁ〜と感じました。正直スクラムを教えてくれた人は、見た目はなかなか怖いです、体型はヒグマ、しかし、話しかけてみればめちゃくちゃ親戚に教えてくれました。中には今までどのスクラムコーチも教えてくれなかったようなことを教えてくれたり、今まで意識してこなかったポイントを教えてくれたり、本当にためになりました。怯えずに話しかける、人は見た目じゃない大切なのは中身だ!本当にその通りだと思いました。留学を考えている方も話しかけてあげてください、見た目より優しい人ばかりです。

 

今週末、僕のニュージーランドでの最後の試合をしました。前回は時間の都合上出番がなく悔しい思いをしました。今回はどうだろ?
〜キックオフ〜
いつも通り、ハイレベルな試合が行われています。今日は雨のため少しオプションを変えて近場で当ててキック勝負にしようとしていましたが、なぜ?キック勝負でそこまでコンタクト回数は多くないのにあんなに鈍い音が連発したり、体重110kg近い人が倒されたり、人が一瞬空中に浮いたりしているのでしょうか、中には元日本代表の人が吹っ飛ばされたりしています。
しかし、人間とは恐ろしさ生き物です。僕はこのぐらいのショッキングな場面もう嫌っていうほど見ているので、とうとう目が慣れてしまいました。この慣れはきっと僕の成長の証なのでとても嬉しいです!
さて、試合時間も残り15分
コーチからラスト10分行くぞと言われました。ラスト10分でもやるべきことは大量にある、しかし、結局キャリアやタックルをするのとはありませんでしたが、スクラムでは巨漢の外国人プロップを押すことができました。ニュージーランドで学んだことが活かされた瞬間でした。しかし、まだまだ教えてもらったスキルを使うことができていないので、帰国してそれらのスキルを習得する練習を行います。

 

3月9日 ブルースvsサンウルブズ戦を生で観ることができました。ウォーミングアップからサンウルブズの気迫を感じました。目がすわってる人が多い

〜キックオフ〜
試合開始から激しいコンタクトの応酬で、観客席にいる僕らにも ボン!!って音が聞こえてきます、ブルースのイオアネ兄弟が強靭な体を活かしてどんどんサンウルブズDFを薙ぎ払っています、あ!トライされました。
あれは化け物です。しかし、サンウルブズも黙ってはいません!一人で止められないなら2人、3人とタックルをして彼等のアタックを封じようとしていました。結果彼等のアタックを封じ、逆にサンウルブズはトライを取ることができました。生で見ていて思わず、うぉーー!て吠えてしまうほど、すごいものが見られました!
スクラムではブルースの強靭なプロップに押されていましたが、ニュージーランドの特殊なスクラムに対して逆にあそこまで組めるのはすごいと思いました。僕も少しは慣れましたが、まだまだニュージーランドのスクラムで良いのが少ないのでもっと練習をしたいと思いました。
結果的にサンウルブズは負けてしまいましたが、僕にとってはいろいろなことを学ばせていただいた試合でした、やっぱり、生で見るのとテレビで見るのでは違いますね。
試合後、選手の方々は疲れているにもかかわらず、スタンドまで来てくれてファンサービスをして貰えました、坂手選手、山下選手、ヘイデン・パーカー選手ありがとうございました。山下選手にスパイク何を履いているのですか?と質問したらAsicsでスポンサーが喜ぶから履いてみてと勧められました(笑)
このとき、僕たちは運営側の計らいで試合後グラウンドに入れて貰えました。ほんの数分前に両チームがプレーをしていたグラウンドに入れるなんて感動です!貴重な体験をさせていただきました。芝生が気持ちいい〜。

190313鈴木_サンウルブズ山下選手-s

サンウルブズ山下選手

190313鈴木_試合観戦2-s

190313鈴木_試合観戦1-s

試合観戦後、仲の良い同じアカデミーの仲間がニュージーランドでの滞在が残り少ない僕のために、軽い飲み会をしてくれました。
1軒目は日本人居酒屋で乾杯をしました。お酒が弱い僕はビール数杯で目が真っ赤になりました(笑)
(ちゃんと学生の本分は守っています)
たまにですが、海外の居酒屋でお酒を飲むためにはパスポートを提示して身分証明をしなければなりません。海外留学を考えている成年は気をつけてください。また、海外だからといって未成年者は絶対に飲まないでください!(お酒は20歳から)
その後、韓国料理屋に行き韓国のお酒ソジュを飲みました。甘くて飲みやすいですが気をつけください。アルコール度数12%あります。考えなしに飲むと次の日頭痛になります(体験談)

190313鈴木_韓国酒-s

韓国酒

愛知学院大学の留学報告も今回をもって最後になります。今まで長いブログをご拝読いただきありがとうござました。
今後留学を考えている方の手助けになったら幸いです。

 

さて、僕が最初の留学宣言でお伝えした
「人生は刺激がないとつまらない、つまらない人生は成長しない」
を覚えていますか?

僕にとって今回の留学はめちゃくちゃ刺激的な毎日でした!こんな刺激はそうそう味わえません。
人生がつまらないと感じてしまっていたら留学をしてみてください、きっと楽しい刺激が待っています!
僕にこんな刺激的な経験をさせて頂き、今回留学をサポートしてくださったチーム関係者の方々、アカデミーのコーチと選手、カレッジライフルのコーチと選手、ホームステイ先の方々、両親‼️本当にありがとうござました‼️

190313鈴木_ホームステイ先-s

ホームステイ先

これからも頑張っていきますので、応援お願いします!
また、愛知学院大学ラグビー部へのご支援も、引き続きよろしくお願いします!

 

3年 鈴木淳司 face_suzuki

  • パフォーマンスアナリスト募集
  • 入部のご案内
  • OB会
  • 闘球会
  • オリジナルグッヅ販売

Facebookでも情報発信中!