フォトギャラリー


2019年度 学生スタッフ&選手の募集

愛知学院大学ラグビー部では、この度学生スタッフと選手を募集致します。

募集要項は以下の通りです。

 

 1.マネージャー(練習サポート)

 2.トレーナー(テーピング)

 3.栄養サポートチーム(選手の食事管理)

 4.アナリスト(試合情報の収集及び分析)

 5.選手

 

学生スタッフは経験者だけでなく、未経験者でも構いません。

選手は経験者を募集しています。

 

ご興味のある方や質問等ある方は、以下まで連絡をお願い致します。

 

勧誘用メールアドレス

aigakurfc@gmail.com

学生スタッフ代表

中村深紅

poster

※クリックで拡大

ラグビー留学報告⑫ 鈴木淳司

留学先:Auckland Academy & College Rifles Rugby Football Club (NZ)

 

malo!
(こんにちは)

3年の鈴木淳司です。毎度おなじみ冒頭のあいさつはホームスティ先のサモアの方に教えていただいたサモア語のあいさつです。ネタ切れはしません(笑)

 

190313鈴木_カレッジライフル1-s

ニュージーランドに滞在できるのも残り3日になりました。思い返せば辛かったこと楽しかったこと、様々な刺激的な経験をさせていただきました。実はあまりにも楽しいので留学の滞在日を伸ばそうとも考えていました(笑)しかし、今回は諸事情によりそれは叶いません。いや〜伸ばしたかった、出来ればあと一カ月ぐらい滞在したかったなぁ〜っと今でも未練が残っています(笑笑)

つまり!それほどニュージーランドが素晴らしい国なのです。旅行の成功はもう一度その場所に行きたいと思うこと。僕もそれと同じ気持ちになったので成功したということになりますね。僕の場合今度はその国に住みたい思いがあります(ニコニコ)

 

前回のブログでも取り上げましたが、今週から一緒にホームスティをしていたマルコとマヌゥーがアルゼンチンに帰国しました。いつも一緒に居たからいなくなると寂しいですね。

アルゼンチンの仲間もほとんどが帰国してしまいましたが、また日本人が増えました。
近畿大学、立命館、国士舘、ラグビーをやっている人なら必ず一度は耳にする大学からニュージーランドに留学に来ました。日本人の強い人が増えてとてもためになる練習をしています!

190313鈴木_オークランドアカデミー-s

オークランドアカデミー

僕らのウエイトのコーチにスコットという方がいるのですが、彼は元全米のヨットの大会のチャンピオンです。とにかく、とんでもない体をしています!僕は彼に敬意をもってアイアンマン(鉄人)と呼んでいます。彼の行う体幹トレーニングはとても辛く、僕は毎回潰れています、周りを見ても苦痛に悶え苦しむ人ばかりです。これが本当の地獄か!と思いました(笑)
しかし、効果はてき面!元々そんなに腹筋は強くありませんでしたが、このトレーニングをやってから強くなった感じがします!
日本に帰国しても継続してやりたいですね。

 

僕は来週で帰国してしまうので今週のウエイトトレーニングはMAX測定、グラウンドではyo-yoの測定を行いました。
ニュージーランドに来て最初に測定したときは
ベンチプレス 130 kg
スクワット 200kg
懸垂10kg
まあまあの結果でした。初めに測定したのはベンチプレス 、結果は、、、140kg
10kgも上がりました!これは嬉しい😃
実は僕は大学2年生のころ怪我をしてベンチプレス が60kgまで下がってしまったときがあるのです。約2年で元のMAXに戻ることができて本当に嬉しいです!
次に懸垂は25kg、よし!15kg上がった!
自重が重い僕にとって懸垂は苦手種目なのですがスコットやコーチが優しく、厳しく追い込んでくれたので更新できました!
最後にスクワット、実は元々僕の自己ベストは225kgで最初測定したとき200kgしか上がらなくて結構悔しい思いをしました。プロップにとって下半身の筋肉はとても重要なとこです。なんとか自己ベストは更新したい。
測定開始!初めに210kgは上がり、次に220kgも上がりました!自己ベスト更新まであと10kg!しかし、正直220kgを上げたときにかなり疲労が溜まってしまい更新は無理だと思いました。しかし、そんなときコーチが長めのレストを挟んでくれてだいたい4分くらいですね。
〜4分後〜
230kgにチャレンジする前にスコットから激励を貰いました。アイアンマンの激励は不思議な力が出てきますね!
測定の結果、、上がりました!!
自己ベスト更新です!思わず、ウエイト場で吠えてしまいました(恥)
スコットに上げたあとすぐに(NEW Record)と言われました。
どうやらオークランドアカデミーの記録を塗り替えたらしいです。本当にビックリしました!ウエイトトレーニングにフォーカスしている僕にとってはとても誇らしいことです!これからも此処で学んだトレーニングを活かして少しでもフィジカルを上げられるようにしたいです!

190313鈴木_ウエイト測定-s

ウエイト測定

 

フィールドではyo-yoの測定を行いました。
とても辛く何度もgive upしようと思いかけましたが、そんなときすぐにスコット「one more」と僕の背中を押してくれました。そのおかげでなんとかyo-yoも更新することができました。あざっす!
スコットに日本に来ないかなぁ〜と思ってしまいました。

 

オークランドアカデミーではここ最近、細かいスキルトレーニングや状況判断能力向上を目指したメニューを多く行なっています。
例えば、パススキルでは綺麗投げるよりも繋ぐ意識が大事で、取れないのはキャッチする人が悪いからハンドリングのポイントを重点的に学びました。コーチが教えてくれたスキルにまだ慣れていないのでノックオンを連発してしまいました。早く慣れていくために反復練習を重ねたいと思いました。

他にも、ラインアウトのとき無駄な力が多いからもっと効率よく上げる方法を学びました。上がるときは簡単に上がりますがタイミングがずれると上がりにくい、そんな印象でした。

190313鈴木_スコットコーチ-s

スコットコーチ

190313鈴木_カレッジライフル2-s

 

さらに、僕がゲーム中にほとんどしないジャッカルのポイントを教えて貰いました。日本だとゲーム中ジャッカルをするよりも越えた方がいいと言われてきたので、そうしてきましたが、ニュージーランドの考えに触れて少しだけ考え方が変わりました。チャレンジしたい!
オークランドアカデミーの練習後にコーチから僕のこれまでの結果や今後の改善点などをまとめたレポートを貰いました。かなり細かく書いてあってとてもためになります。まぁー英語で書いてあるのでところどころ読めてませんけど(笑)日本に帰国して翻訳させてもらいます。1か月間ありがとうござました。

 

カレッジライフルの練習も残り少なくなってきて、あの戦場にいられなくなるのは本当に寂しいです。良い修行場所でした。一瞬でも気を抜けば流れ弾(ボール)や砲弾(全速力の外国人選手)が僕の命を奪おうとしてきました。本当に名残惜しいですね、最後になるかもしれないので、僕は少しでも名残惜しさが残らないように様々なことを聞きました。スクラムの体の使い方のポイント、アタックの時のポイント、聞けば聞くほど日本人とニュージーランド人の意識しているポイントが違うんだなぁ〜と感じました。正直スクラムを教えてくれた人は、見た目はなかなか怖いです、体型はヒグマ、しかし、話しかけてみればめちゃくちゃ親戚に教えてくれました。中には今までどのスクラムコーチも教えてくれなかったようなことを教えてくれたり、今まで意識してこなかったポイントを教えてくれたり、本当にためになりました。怯えずに話しかける、人は見た目じゃない大切なのは中身だ!本当にその通りだと思いました。留学を考えている方も話しかけてあげてください、見た目より優しい人ばかりです。

 

今週末、僕のニュージーランドでの最後の試合をしました。前回は時間の都合上出番がなく悔しい思いをしました。今回はどうだろ?
〜キックオフ〜
いつも通り、ハイレベルな試合が行われています。今日は雨のため少しオプションを変えて近場で当ててキック勝負にしようとしていましたが、なぜ?キック勝負でそこまでコンタクト回数は多くないのにあんなに鈍い音が連発したり、体重110kg近い人が倒されたり、人が一瞬空中に浮いたりしているのでしょうか、中には元日本代表の人が吹っ飛ばされたりしています。
しかし、人間とは恐ろしさ生き物です。僕はこのぐらいのショッキングな場面もう嫌っていうほど見ているので、とうとう目が慣れてしまいました。この慣れはきっと僕の成長の証なのでとても嬉しいです!
さて、試合時間も残り15分
コーチからラスト10分行くぞと言われました。ラスト10分でもやるべきことは大量にある、しかし、結局キャリアやタックルをするのとはありませんでしたが、スクラムでは巨漢の外国人プロップを押すことができました。ニュージーランドで学んだことが活かされた瞬間でした。しかし、まだまだ教えてもらったスキルを使うことができていないので、帰国してそれらのスキルを習得する練習を行います。

 

3月9日 ブルースvsサンウルブズ戦を生で観ることができました。ウォーミングアップからサンウルブズの気迫を感じました。目がすわってる人が多い

〜キックオフ〜
試合開始から激しいコンタクトの応酬で、観客席にいる僕らにも ボン!!って音が聞こえてきます、ブルースのイオアネ兄弟が強靭な体を活かしてどんどんサンウルブズDFを薙ぎ払っています、あ!トライされました。
あれは化け物です。しかし、サンウルブズも黙ってはいません!一人で止められないなら2人、3人とタックルをして彼等のアタックを封じようとしていました。結果彼等のアタックを封じ、逆にサンウルブズはトライを取ることができました。生で見ていて思わず、うぉーー!て吠えてしまうほど、すごいものが見られました!
スクラムではブルースの強靭なプロップに押されていましたが、ニュージーランドの特殊なスクラムに対して逆にあそこまで組めるのはすごいと思いました。僕も少しは慣れましたが、まだまだニュージーランドのスクラムで良いのが少ないのでもっと練習をしたいと思いました。
結果的にサンウルブズは負けてしまいましたが、僕にとってはいろいろなことを学ばせていただいた試合でした、やっぱり、生で見るのとテレビで見るのでは違いますね。
試合後、選手の方々は疲れているにもかかわらず、スタンドまで来てくれてファンサービスをして貰えました、坂手選手、山下選手、ヘイデン・パーカー選手ありがとうございました。山下選手にスパイク何を履いているのですか?と質問したらAsicsでスポンサーが喜ぶから履いてみてと勧められました(笑)
このとき、僕たちは運営側の計らいで試合後グラウンドに入れて貰えました。ほんの数分前に両チームがプレーをしていたグラウンドに入れるなんて感動です!貴重な体験をさせていただきました。芝生が気持ちいい〜。

190313鈴木_サンウルブズ山下選手-s

サンウルブズ山下選手

190313鈴木_試合観戦2-s

190313鈴木_試合観戦1-s

試合観戦後、仲の良い同じアカデミーの仲間がニュージーランドでの滞在が残り少ない僕のために、軽い飲み会をしてくれました。
1軒目は日本人居酒屋で乾杯をしました。お酒が弱い僕はビール数杯で目が真っ赤になりました(笑)
(ちゃんと学生の本分は守っています)
たまにですが、海外の居酒屋でお酒を飲むためにはパスポートを提示して身分証明をしなければなりません。海外留学を考えている成年は気をつけてください。また、海外だからといって未成年者は絶対に飲まないでください!(お酒は20歳から)
その後、韓国料理屋に行き韓国のお酒ソジュを飲みました。甘くて飲みやすいですが気をつけください。アルコール度数12%あります。考えなしに飲むと次の日頭痛になります(体験談)

190313鈴木_韓国酒-s

韓国酒

愛知学院大学の留学報告も今回をもって最後になります。今まで長いブログをご拝読いただきありがとうござました。
今後留学を考えている方の手助けになったら幸いです。

 

さて、僕が最初の留学宣言でお伝えした
「人生は刺激がないとつまらない、つまらない人生は成長しない」
を覚えていますか?

僕にとって今回の留学はめちゃくちゃ刺激的な毎日でした!こんな刺激はそうそう味わえません。
人生がつまらないと感じてしまっていたら留学をしてみてください、きっと楽しい刺激が待っています!
僕にこんな刺激的な経験をさせて頂き、今回留学をサポートしてくださったチーム関係者の方々、アカデミーのコーチと選手、カレッジライフルのコーチと選手、ホームステイ先の方々、両親‼️本当にありがとうござました‼️

190313鈴木_ホームステイ先-s

ホームステイ先

これからも頑張っていきますので、応援お願いします!
また、愛知学院大学ラグビー部へのご支援も、引き続きよろしくお願いします!

 

3年 鈴木淳司 face_suzuki

2019年春 試合日程のお知らせ

2019年度 春のオープン戦予定(3/11 更新)

対戦 キックオフ 会場
4/7(日) 東海学生セブンス   愛学大G
4/21(日) デンソークラブ/愛和クラブ
40分×4本
13:00 愛学大G
5/11(土) 中京大学 40分×4本 13:00 中京大G
5/18(土) 名古屋経済大学 40分×4本 13:00 愛学大G
5/25(土) 朝日大学 40分×4本 13:00 朝日大G
6/1(土) 名古屋学院大学 40分×4本 13:00 愛学大G
6/15(土) 日本福祉大学 40分×4本 13:00 日本福祉大G
6/22(土) 中部大学 40分×4本 12:00 愛学大G
6/30(日) 名城大学 40分×4本 13:00 名城大G
7/7(日) 龍谷大学(定期戦) 40分×2本 13:00 龍谷大G

皆様の熱いご声援を賜わりますよう、お願い申し上げます。

※なお、チーム状況により直前での試合本数の変更の可能性もあり得ます。

 

ラグビー留学報告⑪ 松世聖矢

留学先:クイーンズランド工科大学(オーストラリア)
練習先:Brothers Rugby Club

 

2年の松世です。
オーストラリア留学もあと2日となりました。金曜日の朝の飛行機で日本に帰ります。英語の勉強、ラグビーの両方が本当に充実したものになりました。

 

まず、英語の勉強では中学、高校と1番の苦手教科だった英語と向き会おうと思って今回の留学を決めました。あと少しで授業も終わりますが、今思うと語学力もそうですが英語と向き合おうとする気持ちも高くなったと思います。これからも英語の勉強を続けていき、またいつか留学をしたいと思います。今度海外に行く時には、今よりももっと堂々と、はっきりとした英語で自分の気持ちを相手に伝えられるようになりたいです。

 

190306松世-3s

 

ラグビーでは、本当に貴重な経験をさせてもらいました。意識の高い仲間と練習、試合ができたことで、ラグビーがさらに楽しくなりました。チームメイトはとても親切にしてくれて、毎日辛い練習が多かったですが休まずに続けることができました。ユニット練習では日本とは違うスクラムの組み方を勉強しました。

全体練習メニューはADの間にフィットネスやスキル練習が入ることや、愛知学院大学でも行なっているメニューもありました。最後には試合に出してもらいました。この留学中の自分の成長とこれからの課題をしっかりと見つけることができました。

そして、チームメイトとコミニュケーションをとるためには英語を使わなければ何も伝わらないし、英語が分からなければコーチやチームメイトが行っていることが何も分からないという環境が自分にとってとても良かったです。自分は1回でコーチやチームメイトが行ったことを理解することはできません。そのため何回も聞き返しました。それに対してコーチやチームメイトは僕にどうにかして伝えようとしてくれました。また、自分の下手くそな英語にチームメイトは何回も聞き返してくれて理解しようとしてくれました。本当にありがたかったです。

 

190306松世-1s

190306松世-2s

 

たくさんのことを学ばせてくれたBrothers rugby clubの選手、スタッフの方々には感謝しています。ありがとうございました。この経験を活かしていきます。日本に帰ってチームメイトとラグビーをするのがとても楽しみです。

 

190306松世-4s

190306松世-5s

 

最後に、今回留学するにあたり協力してくれた愛知学院大学ラグビー部の先生方、チームメイト、QUT(Queensland University of Technology)のLee先生、Brothers rugby clubの選手、スタッフの方々そして両親にはとても感謝しています。めったに経験できない貴重な経験をさせてもらいました。
今後の人生で活かしていきます。
本当にありがとうございました。

 

2年 松世聖矢 face_matsuyo

ラグビー留学報告⑩ 鈴木淳司

留学先:Auckland Academy & College Rifles Rugby Football Club (NZ)

 

Buenos Dias!
三年の鈴木淳司です。

 

前回同様冒頭の言葉は、アルゼンチンの選手に教えてもらった、スペイン語で意味は「おはようございます」を指すようです。

 

ニュージーランドに来て早いもので20日が過ぎ残り10日になってしまいました。「もっとニュージーランドに居たい」「帰りたくない」そんな思いしか今はありません。今週は激動の毎日で楽しくも厳しい日々を過ごしました。

 

前回のブログでも報告しましたが日本人が先週からオークランドアカデミーに参加しました。今週さらに2人新メンバーが加わり現在日本人が5人になりました。さらに来週にはもっと増えるらしく、ほとんど日本人プレーヤーのみになるらしいです。さすがラグビーの本場様々な大学生が強くなろうと思い挑戦しに来ています。僕らの挑戦は今後留学を考える方への後押しになって欲しいと思います。

 

実は今週は今まで一緒にプレーをしてきたアルゼンチン選手との最後の一週間になります。悲しいですね、、、彼等は今週末にある試合を最後にアルゼンチンに帰ってしまうのです。そのため今週はその試合に向けた調整がメインでした。もちろん僕ら日本人も試合は出場します!共にがんばろうー!!週初めはいつも通りの練習を行い週末に近づくにつれて練習強度を落としたり、リカバリーを行い疲労を取ったりサインプレーの確認やラインアウトの確認を行いました。みんな気合いが入っていて、目がギラついている!さぁー試合当日!実はアルゼンチンの一番のガストン君が怪我で出場できないので僕は彼の代わりにフル出場をさせてもらえるのです。ガストン君の分まで頑張ります!ニュージーランドに来て2試合目の場所はWaitemata park、ラグビーグラウンドが3つもあるとても広い場所です。本当に広い!さらに空気がうめーー。さて、敵のチームはこの辺りの高校生、どんなのかなぁ〜、、、、、本当に高校生(笑)なんかゴリラや横綱みたいな人がいる、、、、デカすぎます!高校生とは思えない子ばかりです。しかし、ニュージーランドでラグビー留学を考えている方、不安にならないでください。基本こんなのしかいません(笑)大切なのは敵が大きくても勇気を出して立ち向かうことです。逃げたらあとには何も残りませんが立ち向かえばたとえ負けても必ず成長する鍵は残ります!

 

190303鈴木-1s

190303鈴木-2s

 

キックオフ!
やはり外国人選手のコンタクトは激しくディフェンスでは何回も飛ばされてしまい、アタックでも押し返されてしまいました。しかし、こちらで教えていただいたテクニックを使ったら、少しではありますがゲインすることができ、タックルも横綱級の選手を倒すことができ、さらに、スクラムもターンオーバーをすることができました!嬉しい!声に出すならヨッシャー!です。こんな嬉しいことはありません!諦めず何回も挑戦してきて本当に良かったです!チームメイトからスクラムのとき「Turnover again」と言われるのはプロップとしてはとても誇らしいです。しかし、向こうもタダでは終わりませんでした。持ち前のフィジカルでどんどんゲインしてきて、さらに、こちらにペナルティが取られて大ピンチ!そんな展開がこの試合は何回もありました。
結果は

 

、、、僕たちの勝利です!!
辛く、苦しい時間もありましたが、みんなが居たから勝てた試合と、心の底から言えます。
「ありがとう」
こんなに嬉しいのも、こんなに笑ったのも、こんなにロッカールームで盛り上がったのも、こんなに一緒に気持ちを共有して勝ったのも久しぶりです。一生にあと何回こんな勝利を味わえるのか分かりません。しかし、この勝利は一生の宝物になることでしょう。みんなと撮った写真を一部ではありますが記載します。ここから僕たちの嬉しさを感じ取って貰えたら幸いです。彼らには本当に感謝です。

 

190303鈴木-3s

最初初めての異国の地で困っている僕を助けてくれたり、言葉が分からなかった時はジェスチャーを交えて説明してくれたり、移動のときのバスもいつも一緒に行ってくれたり、練習前『おはよう』の握手、練習後の『お疲れ様』の握手は忘れない、練習中の気迫、とくにコンタクトのときの激しさはいろいろなこと学ばせてもらった、ときにはウザったくときには笑いあえる関係をたった20日で作るのはとても難しいことです。しかし、それが僕たちには出来た!!言葉が通じなくても生まれた国が違っても分かりあえるし、仲間にもなれる。今後留学を考えている方、コミュニケーションを絶対に投げ出さないでくだい。ずっと相手に自分から投げかけてあげてください。必ず絆は生まれますから。
Gracias mis mejores amigos
(ありがとう 僕の親友達)

 

さて気持ち良く終わりたいところですが、まだ今週起こった出来事はこれだけではありません。興味がある方は、続きをどうぞ→

前回も軽く触れましたが、ニュージーランドは外食すると高いので自炊をした方が安上がりだとお伝えしました。留学を考えている方、「外食は高い」「自炊するのがめんどうくさい」と思ってしまいがちですが、昼食は絶対に抜かないでください。どんなものでもいいので何かしらの栄養を摂取してください。食べなくても大丈夫と言うかもしれませんが、異国の地でのストレスからくる疲労は皆さまが考えている以上です。少しでも栄養を取って万全に近い状態になるようにしてください。そうしたら脳が働くのでトラブルに対して臨機応変に行動できます。僕は現在インスタントのお米にニュージーランド人大好きのシーチキンをかけて食べています。確かに栄養素はタンパク質と炭水化物しかありませんが、これのおかげで僕は全力で練習を行うことができています。食べることの重要性は、こればかりは体験した人以外には分かりにくいと思いますが、本当に重要なことです。留学を考えている方に少しでもこの重要性を理解してもらえたら幸いです。シーチキンありがとうーー

ニュージーランドには3月3日にジャパニーズデイと言うものがEden parkであります。それはニュージーランドで住んでいる日本人のためのお祭りのようなもので、日本食はもちろん日本酒や日本メーカーの宣伝、日本伝統文化のお披露目、さらにはコスプレなどもあります。コスプレは日本人よりも外国人の方のほうが多く、スタイルが良いので魔女のコスプレや日本アニメのコスプレが似合っています(笑) ただ、地毛が金髪なのに金髪のカツラを被るのは良く分かりませんでした(笑)

 

190303鈴木-ジャパニーズデーs

こんなにも日本人が多いかと驚き、さらに、こんなにも日本のことがら好き外人が多いかと二回驚きました。つまりそれだけニュージーランドは良い国と言うとこですな(笑)
中には、見知った方も元トップリーガーや現役選手やニュージーランドで活動している方など様々でした。やっぱりみんな大きいしごつい。
留学を考えている方へ、留学は来るタイミングも重要です。変な時期に来てしまえば得られる経験値は半減してしまいます。逆に、きちんと下調べをして当たりの時期に来ればそれだけためになるものになります。このジャパニーズデイも少し考えて時期を決めてみてはどうでしょう。軽い息抜きをするにはもっとも適していると思います。
(R20-お酒もあるよ)

 

先日、カレッジライフルのグラウンドにサンウルブズがいました。坂手選手、茂野選手、マイケル・リトル選手すげー、こんな広いニュージーランドで会えるなんて奇跡だ!僕って運強ーい(笑)

この人達も僕とは比べものにならないほど頑張っているのだ。僕ももっと頑張るぞー。
数日後、サンウルブズがあのチーフスに勝ちました!すごい!努力は報われる。夢と希望をありがとうーサンウルブズ!
(また1人ファンが増えました)   

 

190303鈴木-サウンルブズの選手s

 

カレッジライフルは本当に良い戦場です。
コンタクトは激しく、とくにブレイクダウンは牛と牛の正面衝突としか思えません。そんな中でも一番僕が良いと思うのは、とにかく基本に忠実なことです。基本のスキルを高いレベルで行うから、それを肌で感じることができた僕は本当に感謝しかありません。しかし、それでもどうしても分からないことはあります。人間だもの。
そんなとき、コーチにタックルのポイントを教えてくださいとお願いしました。コーチは喜んで教えてくださいました。聞いてみれば思わず、納得するようなことばかりでとてもためになります。あとは実戦で経験を積むだけだ!

 

実はオークランドアカデミーだけではなく、カレッジライフルも週末試合があるのです。敵チームは前回同様かそれ以上に大きい、やばい!でもやりたいそんな思いしかありません。僕は今回リザーブからスタート!
キックオフ
お互い激しいコンタクトの応酬、一瞬の隙を突いてカレッジライフルが先制、そこから勢いに乗ってトライを量産していく、試合が進むに連れてどんどん控え選手と交代していく、僕の出番はいつかなぁー、、、
あれ?試合も後少し、、そうか!ラスト10分になったら出してもらえるのか、、、、、、
ピッピーーー
ノーサイド!
試合には出させてもらえなかった。悔しい。いろいろ理由があったらしいけど、そんなの関係ない。挑戦することが大切なのに、試合に出られなかったら挑戦もできない。
しかし、僕は思いました。絶対に諦めずに次のチャンスを絶対に掴んでやると心の底から思いました。来週がニュージーランドでの最後の試合、残されたチャンスを掴むために、ラスト一週間突っ走りますので応援よろしくお願いします!

 

長くなりましたが、開き直って長いのは思い出の数なのでご理解ご了承お願いします(笑)

 

三年 鈴木淳司 face_suzuki

ラグビー留学報告⑨ 中島健登

留学先:カンタベリークライストチャーチ大学(イギリス)(愛知学院大学姉妹校)

 

3年の中島健登です
いよいよイギリスでの滞在が残り1週間を切り、これが最後の報告になります。

今回の留学で得たことは英語やこちらで触れた文化、ラグビーと色々ありますが、自分は人との繋がりが一番だと思います。

理由としては日本にいては間違いなく知り合うことがなかったであろう、様々な国の人と知り合い仲良くなって、ラグビーチームのギル(添付写真)とは日本での再会を約束しました。また、ジャパンソサエティという日本が好きなひとたちが集まるサークルのエミリオとも仲良くなり、これはお金では絶対に買えないし日本にいては出来ないものだと思うためです。

 

190228中島-2s

チームメイト ギル

190228中島-1s

チームメイト クーパー

 

ラグビーの方では日本ではやりあえないであろう、自分よりはるかに大きくて強い外国人とのコンタクトで、全然通用しない部分がありましたが、通用した部分もあるのでそこは大きな収穫かなと思います。
逆に通用しなかったとこは、日本で少しでも意識して練習に取り組みチームへ貢献できるようにしていきたいです。

一つ心残りなのは、こちらで試合があったのですがなくなってしまい試合をすることができなかったことです。まだまだ、たくさん書きたいことはありますが長くなってしまうので割愛させていただきます。

 

190228中島-33

ヘッドコーチ アンティー

最後にもしも少しでも留学を考えている人がいれば、きっと来年もまたあると思うので、是非一度親御さんと考えてはどうでしょうか。なにかイギリス留学について知りたいことがあれば、僕の答えられる範囲であれば答えるので気軽に聞いたりしてください。
このような素晴らしい経験をさせてくれた愛知学院大学ラグビー部、選手、コーチの方々、両親にはとても感謝しています。また、留学先でお世話になったCanterbury Christ Church University Rugby Football Clubを始めとする、すべての方々にも感謝しています。
ありがとうございました!

 

3年 中島健登 face_nakajima

 

ラグビー留学報告⑧ 松世聖矢

留学先:クイーンズランド工科大学(オーストラリア)
練習先:Brothers Rugby Club

 

こんにちは。
2年の松世聖矢です。

 

オーストラリアでの留学も残り1週間となりました。とても充実した日々を過ごしています。
月曜日から金曜日まで大学の語学学校に通っていて、今、3週目のカリキュラムをやっていて難易度が高くなってきました。4週目にあるテストに向けて日々勉強しています。

 

クラスメイトとも仲良くなり、色々な国の友達と英語を使って会話をする楽しさを感じています。また、なかなか自分が思っていることが英語で伝えられなくて悔しいと感じる時もあります。自分が思っていることをちゃんと伝えられるくらい英語が喋れるようになることが僕のこれからの目標になりました。

※授業中に携帯を使うことはできないので授業の風景は取ることはできないので、先日の昼休みにみんなでやった誕生日パーティーの写真を載せます。

僕の班はみんな日本人でしたが、日本語を喋ることは禁止なのでみんな英語で喋りました!

 

190226松世-1s

 

ラグビーは、試合が今週の土曜日にあるので、フルコンタクトの練習が多くなりました。自分よりも体の大きい選手がほとんどで、当たり負けすることがほとんどですが、必死に食らいついていきたいと思います。

190226松世-2s

 

190226松世-3s

 

あと1週間と少しですが、ラグビーはもちろん、英語のスキルもしっかりと上達させて日本に帰りたいと思います!オーストラリアでも文武両道で頑張ります!
引き続き、皆様のご声援をよろしくお願い致します。

 

 

2年 松世聖矢 face_matsuyo

ラグビー留学報告⑦ 鈴木淳司

ラグビー留学報告⑦ 鈴木淳司
留学先:Auckland Academy & College Rifles Rugby Football Club (NZ)

 

OLA!!
三年の鈴木淳司です。

 

冒頭の言葉は仲良くなったアルゼンチンの友達から教えて貰ったスペイン語のあいさつです。

190224鈴木-1s

 

ニュージーランドに来て2週間が過ぎ毎日挑戦と失敗を繰り返す日々を過ごしています!
(前回のブログで言い忘れましたが、僕はオークランドアカデミーとカレッジライフル(ニュージランドのクラブチームです)と二つのラグビーチームでプレーをしています。)
オークランドアカデミーに同じ愛知県出身の二人が練習に参加しました、予想だにしない出会いに世界の狭さを感じました。。。
ここで一つアドバイスとして、この先海外留学を考えている方へ海外留学を成功させるポイントとして、なるべく同じアカデミーや大学の日本人と必要以上にいるのは避けた方がいい。特に短期の海外留学を考えている方!!海外で日本人と話すぐらいなら日本で話せばいいので時間の無駄になってしまいます。それよりも外国人とコミュニケーションを取っていきましょう!

 

さて、ニュージーランドで僕が困っているのは昼食です。外食は高くなるので学生には辛いです(涙)なので僕は、スーパーに行ってパンとチーズとハムを買ってサンドイッチを作りました。ニュージーランドでの始めての自炊、たぶんうまくいったのではないでしょうか!なんでも挑戦してみるものですね。しかし、留学を考えている人も気を付けてください。英語表記なので見落としてしまいましたが「flesh」とあったら必ず熱を通してください。おいしくてもお腹を壊します(僕は平気でしたw)お勧めはインスタントのお米と缶詰めが、日持ちもして持ち歩きもしやすいです。
皆さんもいろいろ試してみてください。

190224鈴木-2s

 

髪が長い!伸ばしているのではなくニュージーランドで切ったら面白いのではないんじゃない?と同期から言われたので放置していました。
僕が来店したのは日本人が経営をしている美容院で僕はお任せを注文しました。散髪中の世間話で、富士山は山梨それとも静岡のもの?という話になりましたが、
解答は日本のものと話し合いました(笑)
終了〜結果は最高!無理な注文にも答えていただきありがとうございました!
ニュージーランドで散髪に困っている方へどうぞthe grooming roungeへ(宣伝です)

190224鈴木-3s

 

オークランドアカデミーでの練習は基本的なスキルの向上を目指したものです。昔教わったことがある、しかし、時が経つにつれて逆に基本的なところが疎かになる人は、きっと僕以外にもあなた達の身近にいるのではないでしょうか。改めて基本に立ち返り、さらにニュージーランドの選手が意識しているポイントを学ぶことは必ず選手としての成長に繋がっていくでしょう。

また、アカデミーの練習にはハカもあります。ハカとは部族が戦や狩に行く前に自分達を鼓舞し、勝利を祈る儀式のことです。僕が行ったのはマオリのハカで初めてやるハカは不思議と力が出て来ました。確かにこれは試合前にやるわけだと実感しました。中にはアレンジをして舌を出していたのでマネました(笑)

 

次に、カレッジライフルの練習は、最初フィットネスからスクラムorラインアウトで最後に試合形式の練習を行っています。
僕はそこで洗礼を受けました。日本とは比べ物にならないぐらい激しいコンタクト、
一瞬でも気を抜いたら即座に死んでしまう戦場に立った気分でした。
「考えるな!」「とにかくやれ!」「食らいつけ!」そう思わなければやっていけない環境です。
次の練習のときも、死にものぐるいでプレーをしました。もちろん元々のレベルの差があるので敵いませんでしたが、すごく楽しかったです。必死でやる楽しさ、全力を出しても敵わない人がいる、そんな人達をいつか倒したいと思う楽しさに、僕は笑顔が止まりませんでした。このように刺激がある人生を待っていました!!

僕はプロップなのでスクラムについて話します。
ニュージーランドのスクラムは僕が日本では意識してなかったポイントを意識しなければ組むことさえ困難なものでした。特にカレッジライフルのプロップはとても大きく今のところ全敗しています。いや〜悔しい。しかし、プロップ方々は「どのようにしたらいいですか?」と質問すると、実演も交えながら懇切丁寧に教えてくださいます。そのためまだまだではありますが少しずつ成長の手応えを感じています。

また、オークランドアカデミーでもカレッジライフルでも練習後にコーチに「今日の練習のポイントをもう一度教えてください」とお願いすると、実演を交えるだけではなく「後でメールにて送ります」と本当に親切です。
この先留学を考えている方へ、分からないことや聞きたいことがあったら消極的にならずに質問しましょう。必ず教えてもらえるか、さらにそこから、コミュニケーションが生まれてくるのだから!

 

 

23日(土曜日)は、カレッジライフルで僕のニュージーランドでの初戦がありました。

190224鈴木-4s

 

外国人選手のコンタクトは激しく、何回弾かれたか分かりません、スクラムもとんでもない力で押されました。自分に出来たのはサポートとブレイクダウンのみで、しかもそれすらもっとレベルの高いものを彼等は行っていました。僕は悔しかったです。しかし、悔しかったのですが、この試合をやって良かったと本当に心の底から思います。
負けから学ぶことは勝って学ぶことよりも多い。僕はこの敗北からたくさんのことを学びました。自分の欠点にも気づけたので、次の試合ではもっと様々なことにチャレンジしてこうと思えました。

190224鈴木-5s

 

190224鈴木-6s

 

前回のブログ同様長くなりましたが、僕は失敗をバネにして頑張って突っ走って参りますので、今後とも応援よろしくお願いします。

 

 

三年 鈴木淳司 face_suzuki

ラグビー留学報告⑥ 中島健登

ラグビー留学報告⑥ 中島健登
留学先:カンタベリークライストチャーチ大学(イギリス)(愛知学院大学姉妹校)

 

3年の中島健登です
イギリスでの生活もはやいもので、すでに半分以上過ぎてしまいました。
現在僕は火、水、木とカンタベリークライストチャーチクラブの練習に参加させてもらっています。

190221中島-1s

 

歳の近いギルや少し歳が離れていますがクーパーという、少し日本語が喋れる2人が僕によく話しかけてくれて、わからないことがあって聞いたりしたら詳しく教えてくれたりします。
昨日の練習ではフィットネスの練習を主にして、普段愛知学院ではやらないフィットネスをして新鮮でした。
そこのフィットネスで僕がとても感動したことがあり、僕がフィットネスの番がきたら周りの人がとても声をかけて応援してくれたりしました。

そのような光景は日本ではもちろん当たり前ですが、言葉の通じない海外で僕に応援の言葉をかけてくれるのは、言葉の壁とか関係ないのだなということを感じ、改めてラグビーというスポーツに感動しました。

 

残りの時間も目一杯ラグビーを楽しんで日本に帰りたいと思います。

 

 

三年 中島健登 face_nakajima

 

ラグビー留学報告⑤ 松世聖矢

留学先:クイーンズランド工科大学(オーストラリア)
練習先:Brothers Rugby Club

 

2年の松世聖矢です。
今日でオーストラリアに来て12日目となり、生活にも慣れてきました。先週から語学学校とラグビーが始まり充実した日々を過ごしています。

 

語学学校は、月曜から金曜まで8時半から15時半まで授業がみっちり入っています。リスニング、リーディング、ライティングの英語の基礎からスピーチまで一週間ごとに定められたプログラムに沿って授業が進んでいきます。

190219松世-3s

ラグビーは、Brothers Rugby Clubというチームの練習に参加させてもらっています。
火曜日、水曜日、金曜日、土曜日の18時から20時まで練習があります。
そこの選手たちは、将来スーパーラグビーや、ワラビーズ(オーストラリア代表)の選手になることを目標に日々練習しています。彼らについていくことで精一杯ですが、何か1つでも彼らからラグビーのスキルはもちろんのこと、ラグビーと向き合う姿勢などたくさんのことを学びたいです。

190219松世-2s

190219松世-1s

オーストラリア留学もあと半分になりました。この留学は自分にとってラグビー、英語のことはもちろん、これからの人生プランなどたくさんのことを考えるとてもいい機会になっています。少しでも成長して日本に帰れるように頑張ります。

 

2年 松世聖矢 face_matsuyo

  • OB会
  • 闘球会
  • オリジナルグッヅ販売

Facebookでも情報発信中!