フォトギャラリー


2020ラグビー留学報告④ 大谷優太

留学先:クイーンズランド工科大学語学学校(オーストラリア)
練習先:Brothers Rugby Football Club

 

こんにちは。

1年の大谷です。

留学に来て半分が経ちました。まだ慣れないことも多く困ることはありますが生活が安定して1日のリズムができてきました。

 

語学学校では、スピーキングの時間が多いので同じグループのサウジアラビアの人とよく話しています。会話をしていて単語がとても大切だと気づきました。

 

ラグビーチームでは、ついていくのに必死ですか1つでもスキルを上げられるように練習していきたいです。

 先週の土曜日に、ブリスベンにあるサンコープスタジアムでレッズ対サンウルブズの試合があったため観に行くことができました。テレビや携帯で見るよりも迫力が何倍もあり、日本とは違った応援などを聞いていると色々な刺激を受けもっとラグビーをやりたいと思うようになりました。

引き続き一生懸命に頑張ってきます。

 

大谷画像2-1

 

大谷画像2-2

 

大谷画像2-3

ohtani_ryugaku 1年CTB 大谷優太


 

2020ラグビー留学報告③ 若林裕平

留学先:Auckland Rugby Academy(ニュージーランド)
練習先:Auckland Rugby Academy

 

ニュージーランドに留学して2週間が経ちました。ホームステイ先ではほぼ毎晩ビリヤードをしています。ホストファザーのフィリップさんにいつも教えて貰っています。彼はどんな角度からでも玉を入れることができ、ほんとに凄いと思いました。自分は来たばかりの時は凄く下手くそでしたが、何度もやっていると来たばかりの頃よりは上手くなっている気がします。

 

Auckland Rugby Academyではハンドリングの細かいところまで教えて頂けるので、ハンドリングスキルが無い僕にとってはとても為になる練習でした。毎回練習後に内容をコーチに確認し、質問しに行ったりしています。なるべく英語で質問しますが、コーチが日本語も話せるのでコミュニケーションがとりやすくとても助かっています。

 

自分は火曜日と木曜日にAcademyの練習後にGrammar TECというクラブチームの練習に参加させていただいています。Grammar TECの人たちはとても優しく、英語が喋られない自分でも歓迎してくれて過ごしやすかったです。アカデミーで一緒のイタリア人たちと仲が良くそのイタリア人たちも同じクラブチームなのでコミュニケーションがとりやすく、助かっています。

 

クラブチームの練習は今までに経験したことないキツさで驚きました。だいたい2時間くらい練習があるのですが、練習内容がほとんどフィットネスでめちゃくちゃハードでした。同じポジションの人達は身体がものすごくデカいのに、走るスピードが速いのでついて行くのに必死でした。帰る時までには同じくらいの走るスピードでフィットネスが出来るように努力します。もうすぐでコンタクト練習が入ってくると思うので、常に集中して練習します。

 

若林3-1

 

若林3-2

wakabayasi_ryugaku 2年PR 若林裕平

インターンシップ活動報告(2019)③岡田

愛知学院大学ラグビー部マネージャー兼栄養サポートチームの岡田千乃です。

 

11月からトヨタ自動車ヴェルブリッツで栄養サポートスタッフとしてインターンシップをさせていただいています。今回はその模様をお伝えいたします。

 

栄養関係の仕事としては、体組成の補助、食堂で選手が食べている様子を見たり話しをしたり、練習後の補食を渡すなどを行なっています。また、管理栄養士の方と実際にお話しさせていただいたり、お手伝いをさせていただいたりしているのでとても良い経験となっています。

その他に、メディカルの手伝いとして練習や試合の準備や片付け、ウォーター補助、S&Cスタッフとしてトレーニングの補助等もさせていただいており、日々様々な活動から刺激をもらっています。

 

このように緊張感が常にある中で素晴らしいチームの一員でいられること、素晴らしいスタッフの方々のサポートができることは本当に貴重な経験であると思っています。

大学とは違う環境でも自分なりに努力を重ねて、自分自身の成長に繋げることが出来ればと思っています。

 

私のインターンシップの目的は自分にとってやりがいを感じ、良い経験とすること、また、愛知学院大学ラグビー部に活かせることがあれば積極的に取り込んでいくということです。ラグビー部のパフォーマンス向上に貢献できるよう、マネージャーとしても栄養サポートチームとしても良い取り組みを行っていきたいと思います。

 

最後に、素晴らしい機会を設けていただいたトヨタ自動車ラグビー部ヴェルブリッツ関係者の方々と愛知学院大学関係者の方々に感謝申し上げます。

 

愛知学院大学ラグビー部 マネージャー、栄養サポートチーム 2年 岡田千乃

岡田画像2 岡田画像3

 

2020ラグビー留学報告② 大谷優太

留学先:クイーンズランド工科大学語学学校(オーストラリア)
練習先:Brothers Rugby Football Club

 

1年の大谷優太です。

オーストラリアにきて9日が経ちました。なかなか慣れない所もありますが楽しく生活しています。

 

ラグビーは月曜日から木曜日の週4日トレーニングをしています。時間帯は18:00〜20:00までやっています。

学校が始まる2週間弱前から来ていて、だんだんとこちらの生活に慣れてからの語学学校なので気持ちがとても楽です。

しかし、日中はすることがあまりなく、毎日のように違うショッピングモールに行っています。日本にはないスポーツ用品店やご飯屋があり面白いです。

 

ラグビーでは、元からあるチームに参加させていただくので、とても輪に入りにくいと思っていましたが、チームメイトみんなが話しかけてくれ、その場に居やすい環境を作ってくれているのでとてもラグビーをし易いです。

 

先週の土曜日にはチームイベントであるバーベキュー&クリケット大会がありました。しかし、雨の後でグランドの状態が悪くクリケットをすることができませんでした。その分みんなバーベキューを楽しんでいて僕もとても楽しかったです。来週からは語学学校も始まり、忙しい生活になるので一生懸命やっていきます。

otani1-1

otani1-3

otani1-2

 

ohtani_ryugaku 1年CTB 大谷優太


 

2020ラグビー留学報告① 若林裕平

留学先:Auckland Rugby Academy(ニュージーランド)
練習先:Auckland Rugby Academy

 

こんにちは。2年の若林です。

ニュージーランドに来て1週間が過ぎ、楽しい毎日を送っています。

時差が3時間くらいあり、慣れるのか心配だったのですが早めに寝たらすぐに慣れました。

ホームステイ先はホストマザーが日本人で、ホストファザーはニュージーランド人です。お父さんはラグビーが好きで、ラグビー日本代表のジャージも持っていました。とても気に入っているそうです。

 

ニュージーランドへ来てまず驚いたのがドミノピザの安さです。日本では約2000円で売っているのですが、ニュージーランドでは最安のlargeサイズを5$で売っています。これは日本円で約350円です。ものすごく安かったので自分は2枚食べてしまいました。

 

ラグビーの話になりますが、アカデミー生のほとんどがアルゼンチン人です。その中でイタリア人と日本人が混ざっている感じです。なので様々な言語が飛び交っている状態です。しかし、ラグビー中やグラウンド外でのコミュニケーションは英語で話してくれるのでまだコミュニケーションは取りやすかったです。

 

今週はウエイトのMAX測定とスキルテストだった為、比較的に楽なスケジュールでした。来週からはチームトレーニングなどの練習が増えてくるので一つ一つの練習を大事にしていきたいです。

wakabayasi1-1

wakabayasi1-2

 

wakabayasi_ryugaku 2年PR 若林裕平

2020年春オープン戦日程のお知らせ

2020年度 春のオープン戦スケージュール(2/4 時点)

対戦 キックオフ 本数 会場
2/16(日) 愛和クラブ  13:30 40分×2 AGU
2/22(土) 中部大学 14:00 40分×2 AGU
3/22(日) 環太平洋大学 11:00 40分×2 環太平洋大学
4/5(日) 東海学生セブンス     AGU
4/11(土) 金沢学院大学 未定 40分×4 AGU
4/19(日) 愛知教員クラブ 14:00 40分×4 AGU
4/25(土) 日本福祉大学 未定 40分×4 AGU
5/23(土) 朝日大学 未定 40分×4 朝日大学
5/30(土) 中京大学 未定 40分×4 AGU
6/13(土) 名古屋学院大学 未定 40分×3 名古屋学院大学
6/27(土) 名古屋経済大学 未定 40分×4 AGU
7/5(日) 龍谷大学(定期戦) 未定 40分×2 AGU

※未定部分、変更等はSNSにて順次更新していきます。

皆様の熱いご声援を賜わりますよう、お願い申し上げます。

 

 

2020年度のラグビー短期留学のお知らせ

本ラグビー部は昨年度に続き、今年度も海外短期留学プロジェクトを実施することとなりました。

このプロジェクトは、春季休業期間に個人でのラグビー海外留学を行うものです。ラグビーの能力だけではなく、語学力や異文化交流による人間性の涵養をも目指します。

 

今年度は、2年PRの若林がニュージーランドで、1年CTBの大谷がオーストラリアで学びます。

留学の模様は随時ホームページにてご紹介いたしますので、どうぞ楽しみにお待ちください。

 

愛知学院大学ラグビー部 ヘッドコーチ 小栁竜太

 

 


●短期留学予定メンバー


自分はニュージーランドのAuckland Rugby Academyで1ヶ月間留学します。向こうでのスケジュールは、月曜日から金曜日まで午前、午後とラグビーの練習があり、週末は休みです。それに加えてクラブチームでの練習があったりするので、レベルの高いところで沢山練習出来るようなスケジュールです。自分は海外のラグビーが好きで、いつか海外へ行ってラグビーをしてみたいと思っていました。

この機会を与えてくださった両親、チーム関係者に感謝して、向こうでの生活を送ってきます。

wakabayasi_ryugaku  2年PR 若林裕平


自分はオーストラリアのブリスベンで6週間留学します。向こうでのスケジュールは、平日は毎日語学学校(Queensland University of Technology)が昼過ぎまであり、学校が終わったらラグビーの練習があります。学校ではスピーキング能力とヒアリング能力を上げたいと考えています。ラグビーでは自分の弱点であるタックルを得意にしたいと考えています。留学に行きたいと入学した頃から思っていましたので、両親、チーム関係者に感謝して全力で頑張ります。

 ohtani_ryugaku 1年CTB 大谷優太


 

インターンシップ活動報告(2019)②西山

愛知学院大学ラグビー部 学生トレーナーの西山亜由実です。

 

去年の11月からトヨタ自動車ラグビー部ヴェルブリッツでアナリストとメディカルスタッフとしてインターンシップに参加させていただいています。

アナリストの仕事をメインに活動させていただいているので、今回はアナリストの活動内容を紹介させていただきます。

 

アナリストスタッフの仕事は練習や試合の映像を撮ります。カメラを練習メニューに合わせて数台用意し、ドローンを飛ばして撮影することもあります。次に撮影した映像をパソコンに入れて練習の内容ごとに映像を整理していきます。練習の場合はその整理した映像をUSBや共有できるアプリなどで監督やコーチ・選手に対してフィードバックしていきます。

試合に関しては映像を整理してからゲーム分析を行っていきます。分析で集めたデータを見やすく表などにして整理していきます。その表などをミーティングで見せてフィードバックしていきます。

私は分析に関してまだ始めたばかりで関わることは難しいため、主に練習のビデオ撮影や練習前のカメラの準備や片づけをさせていただいています。

 

練習に参加させていただく中で、大学とは違うトップレベルのチームの雰囲気や練習の切り替えの早さ・スタッフの連携を見ることで学ぶべきことが多いです。

こうして練習に参加させていただき学べることは私にとって貴重な経験です。その中で失敗をしてしまうこともありますが、それもまた反省をすることで成長に繋がっていると感じています。

経験させていただく中で学んだことを大学に持ち帰り、反映してチームに貢献できるように今後も努力していきます。

 

最後に、貴重な経験の機会を設けていただいた、トヨタ自動車ラグビー部ヴェルブリッツの関係者の方々と愛知学院大学関係者の方々に感謝申し上げます。

 

愛知学院大学ラグビー部 学生トレーナー 西山亜由実

internship-2 

写真集(アルバム本)販売のご案内

ご父兄様・関係者の方々

 

平素より愛知学院大学ラグビー部へのご支援を賜り誠にありがとうございます。

今回は写真集(アルバム本)の販売をご案内致します。

 

 

1月25日(土曜日)の納会時に写真集(アルバム本)を販売致します。

日頃よりラグビー部の活動を「写真」にてサポートして頂いている、内田さん作成の珠玉のアルバム本となります。

選手の普段見ることができない表情をご覧になれ、ご父兄さんや選手たちにとって一生の記念となること間違いなしです。

お買い求めの方は、当日注文を承りますので費用のご準備をお願い致します。

また欠席の方におかれましても、部員伝いにご希望お伝え頂けましたら注文を承りますので、納会前までに連絡をお願い致します。

 

 

今回は、東海リーグ本・菅平本に加え、夏の納会でご案内したアルバムも同様に販売致しますので、ぜひご検討ください。

 

●2018年度 東海リーグ本 3,500円

●2019年度 東海リーグ本 3,700円

●2019年度 春シーズン本 2,500円

●2019年度 菅平合宿本 2,700円

 

愛知学院大学ラグビー部 ヘッドコーチ 小栁竜太

 

インターンシップ活動報告(2019)①丹羽

平素より愛知学院大学ラグビー部へのご声援ならびにご支援を賜り誠にありがとうございます。

 

この度、愛知学院大学ラグビー部はトヨタ自動車ヴェルブリッツで、3名の学生スタッフのインターンシップを開始する運びとなりました。インターンシップでは多くの刺激、学びを頂き、学生ひいてはチームにとって大きな収穫となると期待しています。このインターンシップを実現するにあたり、多くの関係者の方々にお力添え頂いたこと、心より感謝しております。

 

今回は、その活動報告をお届け致します。
引き続き、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

愛知学院大学ラグビー部 ヘッドコーチ
小栁竜太


愛知学院大学ラグビー部 学生トレーナーの丹羽 巧樹です。

 

今年11月からトヨタ自動車ラグビー部 ヴェルブリッツでメディカルスタッフとして、インターンシップをさせていただいています。今回は、その活動の内容を紹介させていただきます。

 

メディカルスタッフの仕事は、選手の怪我への対応や体のケアなどがメインとなります。しかし、メディカルルームの準備や片づけ、練習や試合で使用するドリンクの準備や片づけ、備品の補充など選手対応以外にもやらなければいけない仕事が多くあります。私は、このような仕事のサポートという形で活動しています。

 

internship-1-1

 

チームの実務を行うことで、多くの経験を得ることができます。その他にも、実際にチームの中に入って活動することで、チームの雰囲気を実感することができます。スタッフの切り替えの速さや練習のテンポの速さ、フィールドでの対応など外から見ているだけでは分からないことを、実際に経験することで成長することができていると感じています。

 

このインターンシップを通して、トップレベルのチームの一員として活動していることは、とても貴重な経験です。この貴重な時間を無駄にしないよう今後も活動していきます。また、1月からトップリーグが始まるため、チームも緊張感が高まってきます。その中で、自分の価値観を高めていけるよう、精一杯努力していきます。

 

最後になりますが、素晴らしい機会を設けていただいた、トヨタ自動車ラグビー部 ヴェルブリッツ関係者の方々と愛知学院大学関係者の方々に感謝申し上げます。

 

愛知学院大学ラグビー部 学生トレーナー 4年 丹羽 巧樹

 internship-1-2

 

  • OB会
  • 闘球会

Facebookでも情報発信中!