海外短期留学プロジェクトのお知らせ

この度、愛知学院大学ラグビー部では海外短期留学プロジェクトを始めることとなりました。

 

このプロジェクトでは、春季休業期を使い、海外でのラグビー活動、勉強、生活を通して、ラグビー技能や語学力の向上、異文化理解や交流を目的とするものです。第1期生として、3年鈴木淳司・3年中島健登・2年松世聖矢が、それぞれニュージーランド・イギリス・オーストラリアに渡ります。(学年表記は2019年1月時点)

 

留学の模様は本ホームページにて更新してきますので、皆さまご期待ください。

 

2019年1月
愛知学院大学ラグビー部 ヘッドコーチ 小栁竜太

 

短期留学2019s

 

—選手の意気込み—

 

鈴木淳司

「僕は、人生は刺激がないとつまらない、つまらない人生は成長しないと思っています。だから、新しい刺激を求めて今回の留学に挑戦します。そして、親や関係者の方々に感謝の念を持ちながら初めての地での経験を糧に成長して、胸を張って帰ってこられる選手になってきます。」

 

中島健登

「今回自分はイギリスの愛知学院の姉妹校であるカンタベリークライストチャーチ大学というところに1ヶ月留学させてもらいます。短い期間ですがラグビーの技術的なことを持ち帰ってくることはもちろん語学の上達や自分が卒業したあとも後輩があちらの学校に快く受け入れてもらえるようによい関係を築いてこられるような学校生活を送ってきます。」

 

松世聖矢

「僕はオーストラリアに留学します。高校からラグビーを始めました。その時からいつか海外の選手たちと一緒にラグビーがしたいと思っていました。その夢が叶うことがとても嬉しいです。自分がこれまでお世話になってきた指導者の方々に感謝して、思う存分ラグビーを楽しんできます。」

 

  • OB会
  • 闘球会
  • オリジナルグッヅ販売

Facebookでも情報発信中!